キズやへこみを修理する板金塗装工場とは

板金塗装工場
 板金塗装工場は、交通事故などで損傷したクルマに板金作業を行ったり、塗装作業を行ったりするための工場です。不幸にも事故にでも合わない限り、一般の方が板金塗装工場に行く機会はないでしょう。それに似たような工場に整備工場があります。どちらも自動車の修理をする工場ですが、修理の専門分野が異なります。整備工場は、車検整備やエンジン、足回りの整備などを行う工場です。クルマに乗っている方には、整備工場の方が身近ですよね。

板金塗装工場の設備
 板金塗装作業の出来栄えは、作業をする人の腕の良し悪しによるところが大きい作業です。しかし、作業に必要な設備が整っていなければ、作業ができなかったり、出来栄えが悪かったり、作業に時間がかかったりしていまいます。板金塗装工場では、設備が整っていることも大切なのです。では、板金塗装工場の設備を簡単に紹介します。まず、板金作業で使用する溶接機があります。これが無ければ板金作業はでません。用途によって何種類かを使い分けています。それから、フレーム修正機があります。事故などでフレームに損傷が生じたクルマを修理する際に使用します。また、塗装作業時に使用する塗装ブースがあります。塗装作業を綺麗に仕上げるために、ゴミやほこりは除去する必要がありますが、塗装ブースはそれを可能にしています。また、塗装後に加熱して素早く乾かすための乾燥機があります。これがあるのと乾燥のスピードが違います。