バンパーの擦り傷修理の流れ

バンパーの擦り傷修理
 バンパーと言ってもいろいろな種類がありますが、ここでは乗用車などに採用しているウレタンバンパーについて説明します。もちろん、カラードバンパーです。注意していてもバンパーに擦り傷が付くことって結構ありますよね。バンパーに擦り傷が付いた場合、まずは擦り傷の部分を磨いて滑らかにします。段差がある場合は一番削れている部位に合わせるようにします。それから、損傷個所に付着しているゴミやホコリ、水分などを取り除きます。そのあとシリコンオフなどを使用して油分を脱脂してからパテを盛っていきます。パテを盛り終わったらしっかり乾燥させます。パテが乾燥したのを確認したらサンダー等を使用して荒研ぎを行います。それから手研ぎで細かな修正をして形成します。

塗装工程
 下塗りのブラサフを塗装する部位のまわりをマスキングして、清掃、脱脂をしてからブラサフを塗装します。ブラサフが乾燥してから素穴などをパテで埋めてから塗装面を研磨して平坦にします。その後、上塗りの工程を行います。上塗りはバンパーの場合、擦り傷の大きさによって部分塗装にするか、バンパーを全部塗装するかを決定しますが、ほとんどの場合は部分塗装のようです。上塗り塗装を行うために塗料を調色し塗装を行います。塗装が乾燥したら肌や艶をまわりと合わせるために磨きを行います。磨きを怠るとまわりとの色合いが合わず、修理箇所が目立ったりします。