2012年8月アーカイブ

ガラスの修理について

ガラスの修理とは
 交通事故などでガラスが大きく割れてしまった場合はガラスを交換するしかありません。ただ、フロントガラスは大変高価です。車種にもよりますが、交換すれば最低でも10万円以上かかります。しかし、飛び石などでガラスに傷がついたり小さなヒビが入ったりした場合には、修理が可能です。修理の場合は2万円くらいから可能なようです。ただし、完全に元通りにはなりません。傷を目立たなくする程度だと考えてもらっていいと思います。修理痕がわかるので神経質な方は費用の問題をクリアできるなら交換したほうがいいかもしれません。飛び石をそのままにしておくと、振動などでさらにヒビが大きくなったり、突然ガラスが割れたりして大変危険です。また、保安基準にも適合していないので車検も通りません。早めの修理をおすすめします。

ガラスの修理方法
 まず、ガラスの傷に入ったゴミや汚れを取り除いてきれいにします。そこに、特殊な樹脂を流し込みます。樹脂に空気が混入していると仕上がりに影響するので、ポンプを使用して真空状態にキープします。その状態で特殊なライトを当てて樹脂を硬化させます。硬化したら表面をスクレイパーなどで削って平らにします。そして、ガラス用のコンパウンドで磨けば完成です。作業時間は早ければ45分くらいで可能なようです。ガラス修理は特殊な技術を使用しているので、いわゆる腕の差が大きく出るので、作業を依頼する業者は吟味する必要があるでしょう。